印鑑登録の仕方

印鑑登録の重要性と、印鑑登録の方法について
未分類

登録にかかる時間

印鑑登録は比較的簡単にできるので、それほど時間がかかることはありません。唯一時間がかかる可能性があるのは、実印を購入する時間でしょう。すでに実印を持っているという人は、あらためて購入する必要はないので、全く時間はかかりません。あとは役所まで行く時間でしょうが、これはどこに住んでいるのかによって大きく異なります。重要なのは役所に着いてからでしょう。

印鑑の写真

基本的には身分証明書を提示して実印を渡し、あとは待つだけになるのです。問題なのは待つ時間なのですが、最低でも5分以上はかかると思ってよいでしょう。通常は10分ぐらいあれば登録は完了するのですが、役所によってはもっと時間がかかってしまうこともあります。なぜなら担当者の経験が浅く、スムーズに手続きができないので時間がかかってしまうこともあるのです。

では、印鑑証明書を発行してもらう場合には、どれぐらいの時間が必要になるのかというと、大体実印を登録する場合とあまり変わりありませんが、登録するときよりも印鑑証明書を発行してもらう場合の方が、時間が短くて済むことが多いのです。もちろん混んでいることで時間が多くかかってしまう場合があるのですが、このようなときにはどれぐらい時間がかかるのかを聞いておくとよいでしょう。

未分類

役所で登録をする

実印となる印鑑を購入したら、あとは身分証明書を用意してから役所に行きましょう。役所はどこでもよいわけではなく、自分が住所を登録している市区町村の役所です。身分証明書は住民票や運転免許証、パスポートなどが一般的です。ただし、健康保険証や社員証では登録することができません。役所にはいろいろな部署が存在しているので、初めて登録する場合には、どこに行けばよいのかわからないという人もいるでしょう。
印鑑

そんなときには役所の窓口付近に立っている担当者に聞いてみましょう。役所に入るといろいろな窓口が存在しているのですが、窓口付近には案内をするために必ず担当者が立っています。その人に印鑑登録をしたいということを告げれば、どこの窓口に行けばよいのか案内してくれるでしょう。それから担当者に実印を渡すと、身分証明書を見せてほしいと言われるので見せます。

あとはできるのを待つだけなので、何か特別なことをする必要は一切必要ありません。印鑑登録が終了すれば、実印を返してもらえるので、これで登録は完了になります。実印が必要になった場合には、役所に行って印鑑登録証明書をもらいたいと告げるだけで、あとは役所の人が発行してくれます。とても簡単なので、特に調べなくても大丈夫でしょう。

未分類

印鑑登録は簡単

基本的に税金の支払いや住民登録など、義務付けられていることに関しては、手続きが簡単になっているのが一般的です。それは印鑑登録であっても例外ではありません。わからなければ役所の担当者に聞いておけばよいのですが、簡単な登録の方法を紹介させていただきます。まずやるべきことは、印鑑登録をなぜ行うのかということを知っておきましょう。印鑑登録というのは、簡単に言えば実印を登録することになるのですが、人生は長いので、高い買い物をする場合もあるでしょう。

保険などの契約を行う場合もありますし、高価な物を売ることもあるでしょう。このような場合に必要になるのが実印なのです。なぜなら不正を防止するためなのですが、主な不正はなりすましです。別の人に成りすまして勝手に契約をしてしまう、別の人に成りすまして勝手に物を売ってしまうということがないように、実印を使って不正を防止する必要があります。そのため、登録した実印を使用する場合には、同時に印鑑登録証明書をもらう必要があるのです。

印鑑登録の必要性はわかったでしょうが、まず行うべきことは実印に使用する印鑑を用意しましょう。三文判やシャチハタではなく、きちんとした印鑑を使用するのが一般的です。ちなみにシャチハタでは登録できません。それから自分が住んでいる市区町村の役所へ持っていき、登録をしてもらうようになります。当サイトでは印鑑登録の重要性と、印鑑登録の方法について詳しく紹介させていただいています。